がん対策と人口科学

プログラムの共同リーダー:Shiraz I. Mishra、MBBS、PhD、およびCindy Blair、PhD

Cancer Control and Population Science(CCPS)は、監視、疫学、人口遺伝学、人類学、行動科学、医療経済学、普及と実施の研究、生物統計学、医療サービス、および癌の連続体全体の環境衛生の専門知識を組み込んだ学際的な研究プログラムです。

CCPS は、ニューメキシコ大学総合がんセンター (UNMCCC) とその管轄地域であるニューメキシコ州 (米国の 5 つの「少数派多数派」州のうちの 1 つ) におけるがん対策と人口/コミュニティ研究の中心的役割を果たしています。管轄地域の人種的および民族的に多様な人々は、社会経済的、医療的、地理的な課題を抱えており、これらはすべて、がんに関する大きな格差と不公平の原因となっています。

CCPS研究プログラム

CCPS 研究プログラムの包括的な目標は、ニューメキシコ州およびその周辺の多民族、多文化、そして十分なサービスを受けていない人々のがんリスク、罹患率、死亡率、格差を減らすために、影響力の大きい研究を実施し、介入を広めることです。CCPS の目標は、格差と介入という 2 つの中心テーマに沿っており、集水域のニーズに対処するための背景と枠組みを提供します。

目的1:がんリスクとリスク予測。 CCPS は、がんの発生を減らすための介入につながるリスク要因と関連バイオマーカーを発見することにより、集水域内外のがんリスクを減らすことを目指しています。

目的2:がん検診. CCPS は、集水域およびそれ以外の地域に関連するスクリーニングの決定要因を定義し、証拠に基づくがんスクリーニングの実施を推進することを目指しています。

目的3: 生存と生存権。 CCPS は、がんとともに生きる、がんを乗り越える、そしてがんを乗り越えた後の生活における治療と行動の決定要因を定義し、結果、患者の健康、生存期間を改善することを目的としています。

研究プロジェクト:

  • 環境への曝露と硬岩採掘の遺産(目的1)
  • C型肝炎ウイルス(HCV)への曝露、感染、および治療(目的1)
  • 農村地域の新興成人に対するがん予防(目的1)
  • HPV:ワクチン接種、スクリーニング、子宮頸がんの発生率(目的2)
  • アメリカインディアンのがん検診の改善に向けたパートナーシップ(目的2)
  • アメリカインディアンを対象とした標的療法(目的3)
  • 黒色腫と標的療法(目的3)
  • 高齢の癌生存者の身体活動と機能(目的3)
  • 臨床試験の累積。

その他の選択された進行中の集水域研究

  • タバコ製品、早期閉経、肺疾患(目的1)
  • がん生存者ケア研究(目的3)
  • 臨床試験への参加に関する意思決定(目的3)。

CCPSのリーダーシップは、人口健康学部(COPH)のリーダーシップと会合し、CCPSのメンバーシップの利点、UNMCCCのリソース、メンターシップ、メンバーとのコラボレーションの機会について話し合ってきました。3人の新しいCOPH教員がCCPSプログラムのメンバーになりました(ブロ、チョン、チャオ)は、CCPSの教員と積極的に連携し、UNMCCCパイロットプログラムを通じてパイロット助成金の申請を提出しました。