分析および翻訳ゲノミクス

Analytical and Translational Genomics (ATG) Shared Resource は、UNM がんセンターのメンバーや、UNM および関連機関の他のユーザーに、次世代シーケンシングおよびその他のゲノミクス関連サービスを提供します。 主なサービスには、5 台の Ion Proton S10/XL 機器を使用した次世代シーケンシングと、関連する専門的なバイオインフォマティクス サポートが含まれます。 これらには、通常の「バルク」RNA-seq、5x Genomics システムを使用した単一細胞 RNA-seq、ターゲット DNA シーケンシング、ChIP-seq、およびその他のさまざまなアッセイが含まれ、その多くは生細胞または凍結細胞または組織で実行できます。またはアーカイブされた (例: FFPE) サンプル。 Ion Proton S100/XL 装置は、FFPE 素材など、他の技術では分析が困難または不可能な低品質の RNA の分析に特に適しています。 この機器は、シーケンス チップあたり最大 4 億回の読み取りを生成します。当社は、可能であれば迅速な対応を提供するよう努めています。 ATG は、2022 年後半に新しい Singular Genomics GXNUMX シーケンサーを追加します。これにより、社内で利用できる次世代シーケンス サービスが大幅に拡張されます。

共有リソースは、CCSGコア助成金P30CA118100やその他の基金、ニューメキシコ州からの基金やユーザー料金など、UNM CancerCenterによってサポートされています。

専門スタッフが相談に応じて、ユーザーが可能な限り最高の実験を設計し、生成されるデータの品質を最大化するのを支援します。

ネス博士(左)とゲノミクススタッフ

ファカルティディレクター

スコットA.ネス博士
教授、 内科/分子医学
オフィス:CRF 121; Tel:(505)272-9883

テクニカルディレクター/バイオインフォマティクス

キャスリン(チャーリー)ブレイヤー博士

シニアテクニカルスタッフ

ケル・クック CRF 118 Tel:(505)272-5564
ジェニファーウッズ CRF 121 Tel:(505)272-3464
マギーサイファー CRF 121 Tel:(505)272-2464